民事

難聴・耳鳴症を患って

2019年4月末、中野区の賃貸住宅の隣の部屋の森口氏の深夜1,2時の電話の会話が半年続き、眠れない日々を過ごしました。

男性は、恋人と話していたようです。うるさい時には壁を軽くノックしました。

注意もだんだん無視されるようになり、そのため、市販の睡眠鎮静剤を40日以上飲む日々を強いられました。

管理会社でもある大家に相談し、その日のうちに電話で注意してくれたのですが、隣の男性は、またも深夜に会話しました。

ストレスにより、難聴になってしましました。

男性は、自覚し、反省してくれていました。病院を探してくれ、同行し治療費も負担してくれました。

医師には「ストレス性難聴」と言われました。

ところが、い恋人の女性からは責め立てられ、再び、眠れない日々が続きました。

そのせいで、右耳45デシベル(深夜の騒音規制と同じレベル)、右耳30デシベルの耳鳴りが残ってしまいました。

睡眠薬がないと日々眠れず、身体へのダメージで心身ともに病んでしまいました。

男性は突然、引っ越し。 まるで、逃亡犯のようでした。

においのなく、暴行を受けたわけでもない病状は、被ばくに似てもいると思いました。

闘わなければならないと思い、かつ実験も兼ね、法廷で争うことを決めました。

その矢先、大家の詐欺が発覚しました。なんと、宅建を所有している大家は、築年数を10年以上も偽り、10年も前から何人もの入居者を募集していたのです。

騙されていなければ、入居していません。隣の男性も同じだと思います。

経緯を下記にまとめました。リンクさせてあります。

更新日 タイトル
2019年07月25日 難聴になって(2019/07/25~)
7月27日 騒音おばさん
7月29日 騒音と不眠
7月31日 睡眠改善薬
8月25日 赤外線サーモグラフィ
9月02日 築年数の嘘
9月13日 赤外線サーモグラフィカメラ
基礎セミナー
10月09日 自立支援医療受給者証
(精神通院)到着
10月22日 逃げた加害者
12月03日 築年数(最大11年)の嘘は2012年~
12月23日 耳鳴りの状況
2020年9月02日 「第2」の外壁塗装
9月10日 睡眠の妨害30dB~
9月17日 ストレスと睡眠
9月20日 ストレス・睡眠不足→
突発性難聴
11月03日 心理的瑕疵
11月21日 ストレスの原因
2021年1月18日 漢方治療
4月30日 状況が瓜二つの判例
5月11日 取消し
5月21日 宅建業者の守秘義務
5月21日 瑕疵に関する判例
6月16日 自殺告知しない賃貸は不法
6月22日 優良誤認
6月25日 契約更新書
6月28日 消えた証拠
7月01日 食品偽装
7月05日 重要事項説明書
7月20日 障害者手帳受給
8月10日 障害者雇用
8月22日 転職活動
11月24日 民事訴訟
12月24日 証拠の優越
2022年1月12日 重大な過失
1月26日 鼻血
2月06日 簿記3級
2月26日 個別指導
4月22 判決
4月26日 警察

                             

 

大家を通して、隣とも争おうと思い、提訴。

結果は、棄却。

判決は、なんど住居に不具合や転居を考えなかったとして、騙したとしても問題ないとするものでした。

転居を考えない人はいないと思います。治療を優先しなければならず、金銭的に余裕がありませんでした。40万以上もお金がかかりました。

かつ引っ越し代にも30万近くかかります。うつ状態になり、引っ越し先を探すのにも時間を要しました。死ぬことが頭をよぎる時期でした。

住民が病気になったら、大家は罪を逃れるものなのでしょうか。裁判官に庶民感覚はもうないのでしょうか。

武部智子裁判官は、詐欺の白黒もつけられ、犯罪者寄りの判決を下してしまいましたす。過失の話もしていますが、出ませんでした。法律を無視したのです。

裁判官の倫理観の低下も見られ、障害の苦しみも理解されず、犯罪にだけ甘い、ひどい現実が明らかとなりました。

大家の弁護士は、虚偽広告を仲介業者の責任としていましたが、大家を信用した仲介業者に犯罪の濡れ衣を着せていました。感謝すべき存在なはずです。

その後、2か月も経たないうちに、虚偽広告が再開されました(6月6日 築年数虚偽記載再発)。

常習性を見抜けず、被害者の不幸を無視して、さらなる被害者を生み出すだけの裁判官は即、辞めるべきです。国民のためになりません。裁判官の人件費も税金。無駄遣いは認められません。

裁判には負けましたが、悪い方へ染まり、秩序を乱す裁判官がいるという大きな問題点を発見することができました。障害者蔑視の可能性も否定できません。

ただ、裁判官にも良い人はいます。性的暴力の被害を受けた女性に対する虚偽の中傷投稿に「いいね」を押した国会議員に賠償命令を出す裁判官もいます。国会議員ですから恩を売っておいてもおかしくありません。そんな中で国民へ道を示すこと選んでくれたのだと思います。裁判官の人間性で、秩序に影響が出ます。

後遺症については、より事務に徹するために、簿記2級の資格取得を目指しました。無事、取得できました。

福島原発事故で被ばくして病気になったり、後遺症が残ったと思う人は提訴して欲しいです。

真実は不変。泣き寝入りしないことで、病気で病んだ心もより早く回復します。

裁判で負けたとしても、世間に伝えられるものはあります。心は徐々に回復していきます。

核なき世界を願うのであれば、脱原発に向け、進んでいって欲しいです。